踏まれてきたマンホール / Never a Day Off

2017050102_S

踏まれてきたマンホール

マンホールのふた。
設置されたのは何年前なんだろう。
かつては、もっとアメリカ車の太いエンジンの音が響いていたんだろうね。
軽い音の車が増えてきた。
太くても軽くてもマンホール蓋には錆びる暇はないのだ。

_ オマハ、ネブラスカ州、アメリカ

Never a Day Off

I wonder how many years ago this manhole cover was installed.
In the past it reverberated with the sounds of America’s big,
powerful auto engines. Now, smaller, quieter engines are
becoming are common. But big and noisy or small and quiet,
this manhole cover never has time to get rusty.

_ Omaha, Nebraska, U.S.A.


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中